ANAの上級会員「ダイヤモンドサービス」になると得られる特典

仕事などで海外出張が多く飛行機に乗る機会が多い人は、マイルポイントが貯まるなど各航空会社ではさまざまなサービスを行っています。
日本のANAやJALの航空会社でも上級会員やステイタスと呼ばれている、特別なサービスを提供していることをご存知でしょうか?
今回はお金持ちでないとなれないとも言われている、ANAの上級会員「ダイヤモンドサービス」について詳しく検証してみます。

ANAの上級会員のメンバー

ANAにはANAプレミアムメンバーと呼ばれるダイヤモンドサービス・プラチナサービス・ブロンズサービスの3つのステイタスがあり、最上位のダイヤモンドサービスを受けるには年間に10万以上のプレミアムポイントと、そのうち5万以上のANAのプレミアムポイントが必要です。
つまりダイヤモンドサービスの加入条件はマイルとは別に飛行機に搭乗すると貯まる、プレミアムポイントを1年間で10万プレミアムポイント以上を貯めることが求められています。
これはビジネスクラスだと年間に800万円分も飛行機に搭乗する必要があり、いくら出張が多くても普通のサラリーマンではかんたんになれそうにありません。

上級会員「ダイヤモンドサービス」の羨ましいかずかずの特典

ANAの上級会員「ダイヤモンドサービス」のメンバーになるとANAの乗客専用のラウンジの利用や、チェックインや手荷物の受け取りなども優先してもらうことができます。
さらに通常のマイル加算に加えて、フライトボーナスマイルが115~130%も獲得できます。
また普通であれば期限が切れると使えないマイルの有効期限の延長や、航空券を予約した際に満席での空席待ちも優先的に席が取れます。
これだけでなく特典航空券や座席指定の優先サービスなど、少しでも時間を節約したいビジネスマンにはとても魅力的な特典です。

まとめ

JALにもANAと同じような「FLY・ON」と呼ばれているプログラムがあり、ダイヤモンド・サファイヤ・クリスタルの3つのステイタスがあります。
JALの最上級会員「ダイヤモンド」になるには10万ポイントか、年間に120回の搭乗と3万ポイントが必要です。
年間に120回だと月に10回の搭乗になり、毎週2回~3回は搭乗しないといけない計算になります。
お金も掛かりますがよほど飛行機を利用する人でないとなれないだけに、ANAやJALの上級会員やステイタスには価値があるのかもしれません。

こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!
【人生のリスクヘッジ】

人生のリスクヘッジ

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です