農家民泊の魅力 外国人ゲストは日本の田舎を求めている

そもそも農家民泊ってなんなのでしょうか。字からして、農家民泊を想像することはそれ程難しい問題ではありません。

農家民泊とは、農村地域などの一般民家にゲストなどが、宿泊滞在をし、農業をはじめとしたいろいろな職業プログラムを体験するレジャーのことを言います。民泊滞在がメインというよりは、あくまで農作業などの「体験」が軸と考えるべきです。

 

農家民泊と農家民宿はどこがどう違うのか……


農家民泊と同時によく見かける言葉として、 農家民宿があります。農家民宿とは、旅館業法に則った簡易宿泊施設の1つであり、 自治体に事業申請する必要性があって、 民宿とは反復継続して、有償で、民泊施設を提供する行為であり、旅館業法に基づく、簡易宿所営業の許可が必要になって来ますが、農家民泊という場合には、 食事、体験に対しての対価を受け取ることは出来るものの、宿滞在に対しての代金は徴収しないとものとします。

基本、農家民泊は、非営利で、自分の生活の場を提供する意味合いが大きいので、比較的簡単にスタート出来る方法ではないでしょうか。

 

農家民泊が求められている理由


海外のゲストにも、農家民泊が大変人気です。農業などの職業体験に興味がある海外ゲストも多くおり、 田舎ののんびりとした空気に癒されたいと思っているゲストもいます。古民家や日本の伝統家屋に泊まってみたいと思っているゲストも多くおり、 Iターンのリハーサルとして考えているゲストも農家民泊に訪れます。

 

料金設定は、1人泊5000~8000円

まとめ

農家民泊の場合、今住んでいる家をそのままでもかまわないですが、 水回りに関してはあまり古いと抵抗を感じるゲストが多いため、リフォームしたほうがベターです。

民泊リフォームも、農家民泊の1人泊5000~8000円程度得ることが出来るから、積極的に出来ることではないでしょうか。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です