コンビニオーナーについて 実際になるにはどうしたらいいのか?

最近ではどこの町にもセブンイレブンやローソンなどのコンビニがありますが、自分も独立開業してコンビニオーナーになりたいと思っている方もいるかもしれません。しかしコンビニオーナーがいつも朝から夜遅くまでお店で働いていて、アルバイトの人件費さえ払えないという話も耳にします。
そこで今回はコンビニオーナーについて、いろいろと詳しく検証してみます。

 

コンビニオーナーになるのはいくら掛かるのか?


コンビニオーナーになる場合も一様でなく、いくつかのパターンがあるようです。一つが自分の土地や建物にコンビニをオープンするケースと、セブンイレブンやローソンやファミリーマートなどのコンビニとのフランチャイズ契約を結び、本部が土地や建物を用意してくれてコンビニを開業するケースです。
その場合でも以前は家族や夫婦などのパートナーがいないとダメでしたが、最近では独身でもコンビニオーナーになれるコンビニも増えています。その場合もコンビニの独立支援制度を利用して、店長からコンビニオーナーになるのであれば、ほとんど開業資金は掛かません。
ただ自分の土地や建物があってもコンビニとフランチャイズ契約を交わす場合は、内装工事をコンビニオーナーが負担することあり、コンビニによっても異なります。

 

コンビニオーナーの年収ってどのくらいなのか?

データ入力でいくらくらい稼げる?仕事内容の詳細
セブンイレブンやローソンなどのコンビニのフランチャイズの本部が発表している、コンビニオーナーの平均年収は500~600万円です。
しかし実際はコンビニオーナーの年収はピンキリで、中には経営が軌道に乗って何店舗かのコンビニオーナーになって、年収が2000万円を超える人もいます。
その一方でアルバイトの人件費も払えないで、コンビニオーナーでありながら朝から夜遅くまで自分のお店で働いているコンビニオーナーもいます。そこまでやっても年収が200~300万円と、サラリーマン時代を下回っているコンビニオーナーもいるのが事実です。

 

まとめ

大手コンビニとフランチャイズ契約を交わしたからと言って、必ず儲かると考えるのは危険です。
サラリーマンであれば毎月の給料が保証されていますが、コンビニオーナーになれば一国一城の主です。年収が2000万円を超えるコンビニオーナーもいるわけですから、体を使うのではなく頭を使って人生を満喫されてください。

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です