年収1000万円を目指すなら転職するより本業+副業が簡単で安定する理由

年収1000万円。会社で働くときの目標としてそれくらいの年収を意識している方も多いのではないでしょうか。

国税庁が発表した平成27年の給与階級別分布によると、年収1000万円を超える給与所得者はわずか4.3%です。年収のピークになりやすい40代、50代に絞ったとしても10%には届きません。

そのため普通の会社で働いているだけでは、年収1000万円を達成することはまず不可能だといえます。

では年収1000万円以上もらっている人たちはどんな仕事をし、どんな会社に勤めているのでしょうか。

また、もしあなたがすぐに年収を上げ、自らの行動で副業をしたい、とお考えの場合、以下の記事もご覧になって見て下さい。

在宅で月15万円稼ぐ方法。養育費が気になる主婦ができる副業とは

体験者たちに聞いたおすすめの副業5選 二度と失敗したくないあなたに

 

 

年収1000万円以上を目指せる職業…転職で就けるかは非現実的<

命を直接預かるような仕事や難関資格の取得が必要な職業、一部上場のような大手企業であれば年収1000万円を超える人が多いです。

では実際に年収1000万円をもらえるような仕事はと言うと・・・命を直接預かるような仕事や難関資格の取得が必要な職業、一部上場のような大手企業であれば年収1000万円を超える人が多いです。

1.パイロットは年収1000万円以上が普通

航空会社によって年収にばらつきはありますが、それでもほとんどの企業の求人では年収1000万円以上で募集されています。

パイロットを目指してもライセンスを取得できる人は一握りで、仕事内容も大勢の命を預かる責任の大きなものですが、それに見合うだけの年収は得られます。
大手航空会社の機長クラスになると年収2000万円以上にもなります。

 

1.医師の平均年収はアルバイトも含めて1000万円超え

開業医か勤務医かで年収に差はありますが、平均的に年収1000万円を超えます。
勤務先だけからの給与では場所によって年収1000万円を下回る人もいますが、宿直や当直のアルバイトの収入も合わせると年収1000万円超える人が大部分です。

年齢も20代後半には平均年収が1000万円を超えます。

 

2.実力主義の弁護士は年収1000万円以上と300万円以下で二極化

医師と並んで最難関国家資格の弁護士も年収1000万円を目指せる職業です。
ただ弁護士は依頼数が収入に直結する実力主義の傾向が強いです。

そのため実力のある弁護士は年収3000万円を超えることがある一方で、依頼を取れない弁護士は一般的な会社員よりも給与が安いという二極化が進んでいます。

 

4.シビアに結果が求められる外資系企業は30代で年収3000万円超えも

ここまで紹介した職業はどれも専門的な技術や資格が必要でした。
ですが営業や企画のような資格がない職業でも会社によっては年収1000万円を目指せます。
その代表例が外資系企業です。

ゴールドマン・サックスやボストン・コンサルティング、マッキンゼー・アンド・カンパニーのような有名企業は新卒であっても入社数年で年収1000万円以上稼ぐようになります。
外資系投資銀行では、30代で年収3000万円を超える場合もあります。

 

5.残業代と年功序列で年収1000万円を達成する日系大手

日本企業も大手であれば年収1000万円を超えるところが多いです。
電通や博報堂のような大手広告代理店も30代で年収1000万円、部長クラスになれば年収2000万円近くなります。
テレビ局は手当や賞与が充実していて、年収1000万円を超える人が多いです。

また年功序列で三菱商事や三井物産のような総合商社、みずほ銀行や三井住友銀行などの銀行も30代を超えた頃には年収1000万円を達成します。

 

土日返上、残業の犠牲を払わず、今の生活スタイルで年収1000万円へ増やすべき

ここまで年収1000万円以上を目指せる職業や会社を紹介してきましたが、実は年収1000万円ではそこまで生活が楽になるというわけではありません。

年収1000万円だったとしても、そこから所得税や住民税、健康保険、厚生年金、介護保険、雇用保険と様々なものが天引きされます。
額面では年収1000万円だったとしても手取りでは700万円程度となるのが現実です。

物価の安い地方に住んでいれば、年収1000万円あれば十分に贅沢な暮らしを送れますが、都心に住もうと思うと年収1000万円ではほとんど贅沢できません。

独身の間であれば全てのお金を自由に使えるのでお金持ちのように感じますが、結婚して子どもが生まれると普通に生活しているだけで給料のほとんどを使ってしまいます。
家を広くするには家賃が上がりますし、家族が増える分、生活費も高くなります。

旅行に行くときには家族の人数分だけお金がかかってしまいます。
独身で年収1000万円のときと同じだけの生活水準を結婚後も保とうと思うのなら、世帯年収で2000万円~3000万円は必要です。

また年収1000万円の中身も気にしたいところです。
今からパイロットや医師、弁護士を目指して学校に通い直すのは無理ではないかもしれませんが、現実的ではありません。

そうなると年収の高い企業に転職することが、最も年収1000万円を超える可能性が高いように思えます。
ですがこうした企業での平均年収は残業代も含めての場合が多いです。

土日も返上、朝から深夜まで働き続けてやっと1000万円を稼いでいます。
お金は稼げるかもしれませんが、いつ体調を崩すかわかりません。
使う時間もなければ、健康を失ってお金の使い道がなくなってしまっては意味がありません。

年収1000万円だけを考えて1本の職に絞るると大きなリスクも

夢のない話が続いてしまいますが、もしあなたが仮に年収1,000万円超えの職業に就いたとしても、その仕事1本に絞ることによって次のようなリスクの可能性もあります。
少し

(1)リストラの危険を常に抱える現代で、そのリスクを軽減しきれない。

そして今はビジネスの変化が速い時代です。大手企業であっても変化に対応できなければ大幅な年収減、リストラが起こります。
実力主義が顕著な外資系企業であれば、結果を出せなければ解雇されるというイメージがあるので、リストラへの危機感は強いです。

かといって日本の企業なら順風満帆、年功序列でリストラとは無縁、と安心感があるかもしれないですが、今やそれは約束されていません。

たとえば就職ランキングでも上位にランクするパナソニックですら、2012年に大きなリストラが行われました。
2018年春にも不採算部門でのリストラが行われる予定と、コストカットに奔走しているようです。

そのことを考えると、1つの本業で年収1000万円を獲得できたとしても、いざそれを失った時に、代わる仕事を探すのは難しいです。
給与がなくなった時の生活水準の落ち込みも激しく、一度上がった水準から下げていくのはとても大変ですから。

覚えておかなければいけないのは、たとえあなたが頑張って年収1000万円を超える企業に転職できたとしても、その年収がずっと続くという保証はありません。

収入を会社にだけ頼っていると、万が一業績不振で給料がカットされてしまっては為す術なしです。
ただ黙って給与カットを受け入れるか、また頑張って年収1000万円以上を提示してくれる転職先を探すことになります。

 

(2)仕事量的にも一般より大きく、身体的にも負担が大きい

 

一般的に考えると、年収の高い企業に転職することが、最も年収1000万円以上を目指すことができる可能性が高いように思えるはずです。
しかし、こうした企業での平均年収は残業代も含めての場合がほとんど。その中身は実際に入社するまではわかりません。

「土日も返上、朝から深夜まで働き続けてやっと1000万円を稼いでいます。」

といった状況だと、お金の奴隷のようになってしまい、大きな金額を稼ぐことはできるかもしれませんが、いつ体調を崩すかわかりません。
普通の感覚で言うと、使う時間もなければ、健康を失ってお金の使い道がなくなってしまってはそこに魅力もほとんど感じられないのではないでしょうか。
生活スタイルを崩さずに、収入だけを底上げできればベストですよね。

 

(3)技術革新などにより”自分だけができる仕事”が徐々に失くなってしまう

さらにバッドニュースです。
今後の技術発展・技術革新のスピードを考えれば、年収1000万円の仕事も機械に置き換えられる可能性も十分にあります。
例えば米アマゾンでは、既に無人コンビニなるものの運用が開始されています。
これは、アマゾン登録のクレジットカードを持って店内に入れば、そこに従業員は一人もおらず、欲しいものを持って店から出れば自動的に決済が済んでいる、というもの。

もちろんコンビニ店員さんがしていることはそれだけ置き換えしやすい業務だった、ということかもしれませんが、このような革新的効率化はどんどん進んでいます。
googleの翻訳機能向上などにより、将来的には外国語をわざわざ覚えるのは時間の無駄、という話もありますよね。

大切なことは今の年収がいくらかということではなく、たとえ会社をクビになったり、減給になったりしたとしても年収を増やせる考え方を持っていることです。

 

年収1000万円を安定した生活スタイルで維持できる方法

では、一体どうすれば年収1000万円というお金の不自由さから解放され、生活スタイルも維持するという、金銭的にも時間的にも余裕のある状態になれるのか。

結局のところ、自分で収入をコントロールできること、となりますが、それは何も一概に起業すべき!といったチャレンジングなアプローチではありません。

ですが一方で、「起業して自分でお金を稼いでいる人の考え方」は参考にできることが多くあります。

起業している人の収入は自分が提供したものの価値に比例し、それは会社よりも直接的に年収に影響します。そのため圧倒的な収入を得ている起業家が何を考え、どのように行動しているかを知ることは、1つの会社に頼れなくなっている今、会社員という立場の人でも学ぶべきことです。

それは会社員の生活を通して学んできたこと、体感してきたこととは違うかもしれません。
起業してお金を稼げている人が極わずかという事実を考えれば、普通の考え方と異なることは仕方がありません。

同じ考え方・同じ行動をしていないからこそ、人とは違う結果を出しているわけです。

「自由人の条件」という書籍には、著者が実際にサラリーマンから年収2000万円を実現するまでに取った思考や行動が書かれています。
目先の年収1000万円の会社を探すよりも、年収を自分で増やせるようになることが重要だと共感していただけるなら、この本は非常に参考になります。

読み終えれば、年収1000万円の会社に勤めていても安心できない今、何を考え、何をしていくべきなのかがわかります。
それは今後の会社員としての時間、プライベートの時間をどのように使うかにまで影響を与えます。

この本は電子書籍なのでスマートフォンでもパソコンでも読むことができます。
かさばらず、通勤中や休憩中にも便利です。SNSやゲームをする代わりに少しだけ時間を取って、読んでみてください。

今なら無料で手に入れることができます。

 

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です