【お金を最速で稼ぐ方法】~自由になるなら周囲の96.1%の話は聞くな~

Sideline.Labオーナーの私、紙直樹のビジネス歴の成功、

失敗をもとに書かれたベストセラー書籍「自由人の条件」より抜粋。

 

お金を稼いで自由に生活する方法の考え方の一部をご紹介しよう。

 

自由になるなら周囲の96.1%の話は聞くな

非常に重要な部分だが、

あなたは日本で「年収1000万円以上」のいわゆる金銭的に

自由(時間的に自由かはわからないが)な人がどのくらいいるかご存知だろうか?

 

その割合は3.9%と言われている。

つまり、ほとんどの人は少なくとも金銭的に不自由であると言える。

まあ、当たり前の話で、普通に学校に行って、

普通に会社勤めなんかしてると金銭的に裕福な人

(親の財産がどうのこうのとかではなく)という人に巡り合うことは少なく、

みんなして「金ねーなー」「節約しないと~」「明日から会社だ~、仕方ない~。。。」

という感じである。

 

という事は、そういう人の尺度で物を見ていると一生その殻からは出れない、

つまり「自由になることなど不可能」という事になる。

 

悔しい

よく、新しいことや副業など、なんでもいいがやろうとしたときに

「大丈夫なの?やめときなよ」「怪しいからやめとけよ」なんて言われることはないだろうか?

 

僕はかなり言われた方で、

未だに祖母や叔母からは今やってる事に対していい顔はされない。

(最近は慣れてきたようにも思えるが)

 

人は大人になればなるほど自分の知らないことを

「怪しい」などの否定的な感情を持つことが多い。

だんだんと保守的になるからだ。

僕はビジネスをこれまで習ってきた人から

 

「納得いかないことにこそフォーカスせよ」

「不安なのではなく知らないだけ」

 

という事を言われ非常に考え方が変わった。

 

人は自由に生活してる人を見ると

「どうせ怪しいことして稼いでる」とか「考え方が変わってる」みたいな評価をする。

でもその正体はそういうことを言う人に限って何もわかってないことが多い。

 

「怪しいこと」とは何か?一体何がどう怪しいのか?

「考え方が変わってる」とはどう変わってるのか?

 

おそらく自由な人、

稼いでる人を見ると明らかにぶっ飛んでるみたいな人もいるが、

そういう人は少数として、「この人はすごい考え方をするな」とか、

逆に「なんかそういう考え方納得いかない」みたいなこともあるだろう。

そういう部分こそ自由な人とそうでない人との差であるという事を認識しなくてはならない。

 

また、僕はよくセミナーなどで「できそうフィルタリングを外そう」という話をするが、

人は何かをインプットするとき(この書籍でも同様だが)自分に馴染みがあるものや、

簡単にできそうなもののみをインプットして、

そうでないものは故意にインプットしない訳ではないが、

自然と「関係無い事」として考えから外してしまう傾向がある。

 

それでは成長も何もない。

「できそうな事だけやる」というのは結局は

「今まで通りの人生を送りたい」と言ってるのと同意義である。

 

余談だが、昔携帯電話のショップで派遣をやってた時面白い現象をよく目にした。

これはおそらくどの業種でも一緒なのだと思うが、

携帯電話のショップ窓口って「時給が高い割に楽そう」というイメージはないだろうか?

僕は完全にそのイメージで「割が良い仕事」として入ったのだが、

やはり時給が高い仕事は高いなりの理由があった。

クレームの率が異常なのだ。携帯電話という製品の性質上

 

「いつも使うし」

「正常に動いて当たり前」

「正常に動かないとすごくイライラする」

「場合によっては多額の請求になる(昔はパケット通信が定額でない時期があったので余計に)」

 

みたいな製品だったので非常にクレームが多かった。

店員には女性が多いので余計顧客はクレームを言いやすいのだろう。

バックヤードで女性スタッフがクレームに耐えられず

号泣してしまってるシーンはもはや日常茶飯事だった。

 

だが、不思議な事に、そういう辛い思いをして

「もうこんな仕事いやだ!」と辞めていったスタッフの多くが、

久々に再開すると結局他の同業のショップで働いていたりするのである。

飲食店なんかもそうだ。飲食店店長は激務に耐えれず辞める人が多いが、

結局次の職場も同業で同じ愚痴を言いながら働いてることは珍しくない。

 

我々自由人が言う「できることをやる」とそうでない人のそれとでは

意味合いが違うのではないかと思う。

「見る、聞く、調べる」といった人間に基本性能があれば

基本的にできないことなどないはずである。

 

だが、一般的に言う「できることをやる」は

「【今すぐに】【持ちうるスキルで】できることをやる」という風になってるように思える。

 

この考え方では一生今手持ちのスキルで生きていくしかなくなり、結果は見えている。

このパートでお話しした内容の突破口としては、

 

周囲の人のいう事の逆をやる

 自由な人の話を(可能なら)聞く、指示を仰ぐ

 

こういったことのように思う。

もしあなたの周りに自由に生活してる人がいないのであれば気軽に僕に連絡してほしい。

自由になりたいあなたへの的確なアドバイスができるだろう。

 

もし、今すぐ自由になりたいのであれば

まとめ

まず重要なのは

「雇われ、誰かのコントロール下におかれ、労働量=収入量」になっていては

一生自由になることは無理である。

 

そのためには「仕組みを作っておけば、あとはその仕組みが勝手に売ってくれる」

といった「自動販売機を作る」ことが必要である。

では一体どんなビジネスを初心者は取り組めば良いのか?

 

僕も最初からビジネスでうまくいったわけではない。

投資、アフィリエイトといったジャンルから始めたがまるでうまくいかなかった。

これはそのビジネスが良い悪いという話ではなく、

初心者が取り組むべきビジネスではない。

 

投資は1000万円くらい用意できないと個人では

やる意味がないとしている投資家が多いのと、

そもそも一気にマイナスになったりゼロになったりするのでリスクが高い。

 

アフィリエイトは収益化の4ステップのうち、

すべてを行う必要があるビジネスのため、敷居が高い。

 

4ステップのうち、1ステップで完結する唯一のビジネスは物販ビジネス。

各種プラットホームに商品を置きさえすれば売れていくのだから。

 

だが、在庫を置いたり、先に仕入れが発生したり、

競合がひしめいたり、発送作業をしたり、

そういったことをしても手間はかなりのものだし、

先に仕入れる分リスクが伴う。

 

市場規模も広く、在庫も持たずに、競合も少なく、

在庫を持たずに販売でき、お金も貯まり、かつ自動化できるビジネスが

輸出ビジネスである。

 

100均の商品が1000円に変わったり1980円の商品が50000円に化ける。

しかも特別な商品ではなくその辺に販売してる物が、だ。

 

もしあなたが無在庫販売、輸出ビジネスに興味を持ったなら

僕のamazonランキング1位の書籍とメールマガジン

ご覧になってほしい。

 

僕は輸出ビジネスにおいて約1000人以上の指導実績があり、

 

・欲しいものを買いたい

・会社勤めに嫌気がさしている

・しょうもない人付き合いをやめたい

・自分に自信を持ちたい

・子供の教育費をしっかり稼ぎたい

・お金の問題で結婚できない

・自由になりたい

 

といったたくさんのクライアントの夢を叶えてきた。

そういった生徒の「成功の法則」や「自由になる方法」

輸出ビジネスの具体的な進め方などを納めた

Amazonランキング1位の書籍「自由人の条件」

1200円で販売していたが、ランキング1位を記念して

期間限定で無料配布している。

 

この記事にたどり着いたのも何かの縁だと思うので

是非読んでみてほしい。

 



*

※ボタンが反応しない場合、アドレスは登録されません。その際は申し訳ありませんが、限定数が終了しております。

 

投稿者プロフィール

Sideline. Lab 編集部
副業で稼いで自由な生活を謳歌するためのウェブメディア。
これからはじめて取り組む人に最も結果の出しやすい方法をご提案。
副業に関するあらゆる悩みにもお答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です